石けんは肌に優しいのか?シャボン玉石けんの勉強会に行ってきました!

スポンサーリンク


以前、麹の勉強会を開いてくれた、岡山県和気町のENTER WAKE キッチンさんが、今度はシャボン玉石けんの勉強会をするとのことで、行ってきました!

 

 

今回も、1500円で勉強ができて、ランチ付き♡♡(完全にランチ目当て…)

 

前回同様、ランチの写真は撮り忘れました‥ごめんなさい( ;∀;)

 

今回は福岡県北九州市に本社を持つ、シャボン玉石けんのお客様相談室室長・加藤さんに

  • シャボン玉石けんという会社について
  • 合成洗剤と石鹸の違い
  • シャボン玉石けんのこだわり
  • 無添加について
  • オリジナル石鹸づくり

を教えていただきました!

 

昨年末まで石けん洗濯をしていたので、石けんについては詳しいつもりでしたが、業界の裏話的なこともいろいろ教えてもらえて、勉強になりました~♪

 

シャボン玉石けんという会社について…

シャボン玉石けん

健康な体ときれいな水を守るという基本理念のもと、赤ちゃんが安心して使える石けん、人や環境を守るために無添加にこだわり、昔ながらの製法で石けん作りをしている無添加のパイオニア的会社です。

1910年   雑貨商の森田範次郎商店 創業

1961年   先代社長 森田光徳氏  合成洗剤の製造販売開始

 

洗濯機の普及で売り上げ好調だったが、原因不明の赤い湿疹に悩まされる日々…。

 

国鉄から、合成洗剤を使うと機関車が錆びるので無添加粉せっけんを作ってほしいという依頼があり、高純度の石けんを製造する。

 

試作品を家で使用し、湿疹がきれいになったことで、湿疹の原因が合成洗剤だったと分かる。

 

環境や体に悪いと分かった物を売るわけにはいかないと一大決心する。

 

1974年   合成洗剤を一切やめ、無添加石けんの製造に切り替える

 

翌年にシャボン玉石けんが誕生して以来、長く苦しい時代を乗り越え、無添加を貫き、18年目にしてやっと黒字になる。

 

2007年   息子の森田隼人氏  社長就任

 

基本理念を守りながら、新たに石けん系消火剤、オーガニックオリーブオイルソープ、インフルエンザ対策用の石けんなど、新商品の研究開発に取り組みながら、のちの世の為に消費者への情報提供活動に力を入れている。

 

石けんと合成洗剤との違い

石けん 合成洗剤

界面活性剤という言葉をよく聞きますが、これは水と油の境界線を混ぜ合わせる物のことをいいます。

 

石けんは天然油脂を原料にケン化法・中和法のどちらかで作られた界面活性剤で、合成洗剤は天然油脂や石油に化学物質を添加して作った界面活性剤です。

 

石けんと合成洗剤は、物を洗いきれいにするという目的は同じですが、原料や製法が全く異なります。

 

  • 石けん‥天然油脂にアルカリ成分を加えて作られる

石けんは短期間で大部分が水と二酸化炭素に生分解され、残った石けんカスも微生物や魚のえさになります。

  • 合成洗剤‥石油や天然油脂を化学合成させて作られる

さまざまな化学物質が使われており、環境や人体に悪影響があると言われている。

 

石けんと合成洗剤の詳しい記事はこちらから↓↓↓

地球や体に優しい洗濯洗剤!?子育てママにおすすめの洗濯方法とは…

 

『国が許可しているのだから、問題ない』と言い切れるでしょうか?

 

1999年に施行されたPRTR法人の健康や生態系に有害な恐れがある化学物質を公表し削減を目指すための法律に指定されている全462種類のうち、10種類は合成界面活性剤です。(今後も増える可能性があります…)

 

その10種類は、誰でもよく知っている大手メーカーの洗剤やシャンプーなどに現在も使われています。

 

現在もよく使われている毒性のある合成界面活性剤

  • 直鎖アルキルベンゼンスルホン酸ナトリウム=LAS(合成洗剤によく使われている)
  • ポリオキシエチレンアルキルエーテル=POE・R
  • アルファスルホ脂肪酸エステルナトリウム
  • アルキル硫酸エステルナトリウム=ラウリル硫酸ナトリウム(歯磨き粉に多く使われている)
  • アルキルエーテル硫酸エステルナトリウム=ラウレス硫酸ナトリウム(シャンプーや化粧品に多い)

 

まずは自宅にあるシャンプーやボディーソープ、ハンドソープ、漂白剤や洗濯洗剤の表示をチェックしてみましょう。

 

☆加藤さんに教わった豆知識☆

  • 原料が植物性であっても、石油原料と同じ成分名の合成洗剤を作ることができる。何から作られたかではなく、何ができたのかを、成分表示を見て確認することが大事です。(植物性やボタニカルを謳った商品が増えているので注意が必要)
  • 現在、洗剤が洗濯用や台所用・シャンプー・ボディーソープなどの用途別に分けられるのは、各用途を管轄する法律で使用表現が規制されるから。表示が異なっていても、実際入っているものはほとんど同じです。

 

石けんと合成洗剤の見分け方

洗濯用・台所用は品名表示があるので、合成洗剤か石けんかどうかの区別が簡単にできます。

 

シャンプー・ボディーソープ・ハンドソープなどは、薬事法に基づく全成分表示が義務付けられているので、品名表示がありませんが、成分にカリ石けん素地とあれば石けんラウレス硫酸Naなどの表示があれば合成洗剤です。

 

☆加藤さんに教わった豆知識☆

  • 弱酸性が肌に優しいとCMなどで言われているが、弱酸性や中性といわれる洗浄剤は合成洗剤で、石けんはすべてアルカリ性です。汚れの多くは酸性なので、弱アルカリ性の石けんで汚れや老廃物をきれいに落とします。
  • 石けん=肌に優しいのではなく、合成洗剤より安心な洗浄剤であると理解しましょう。

 

衝撃映像!!化学物質の恐怖‥

講座の中で、映像を見たのですが、衝撃的すぎて‥。

 

これを見てしまったら合成洗剤もウタ〇ロも使えませんよ~( ゚Д゚)

 

映像1

生きのいいアジが2つの水槽に入っています。

 

その1つに合成洗剤を入れ、もう一方に同量の石けん液を入れると…という映像を観ました( ゚Д゚)

 

1分ほどすると、合成洗剤の方のアジは水から逃れ出ようと必死に水から飛び上がり、3分後には死んでしまいました…。

 

石けんの方は、しばらく水槽内が白濁して何も見えませんでしたが、石けんが沈殿するとアジは元気に泳いでいました。

 

映像2

蛍光増白剤入りの固形石鹸を素手で持ち、洗濯物の食べこぼし部分にこすりつけ、洗濯機の中へ…。

 

その手のひらをブラックライトで照らすと、手のひらが光ってる~( ゚Д゚)

 

その手を、ハンドソープで2度洗いして、またライトを当てると、まだ薄っすら光ってる…。

 

蛍光増白剤は、汚れ落とし用の固形石けんや、合成洗濯洗剤の多くに入っていて、白いものをより白く見せるための塗料のようなものです。

 

汚れが落ちたのでなく、塗料で白く見せているというのが正解。

 

洗濯を繰り返せば繊維本来の生成りになるので、それを防ぐために洗濯洗剤に添加されているそう。

 

実は蛍光増白剤は、食品関連や傷口に触れるもの(食品・キッチンペーパー・ふきん・紙コップ・おむつ・ティッシュ・ガーゼ・マスク・脱脂綿・ノートなど)には使用禁止とされています。

 

そんなもので洗ったタオルで子どもの口周りを拭いたら…赤ちゃんが服をしゃぶったら…

 

石けん洗濯をしていると、子どものシャツが黄ばんでくるのが嫌だったけど、やっぱそのままでいいや~と吹っ切れました(笑)

 

シャボン玉石けんの石けんのこだわり

こだわる

石けんを製造している会社はたくさんありますが、シャボン玉石けんの商品づくりへのこだわりはすごいです!

 

有名ブランドの石けんもいろいろありますが、銘柄でなく製法で選ぶことをお勧めします。

 

製法

石けんには、ケン化法中和法という作り方があります。

 

ケン化法

  • 昔ながらの製法で、天然油脂(脂肪酸+グリセリン)に苛性ソーダや苛性カリを加えて、完成まで1週間かけて作られる。
  • 保湿成分のグリセリンが石けん内に残るため肌に優しい。

 

中和法

  • 脂肪酸(油脂からグリセリン分を取り除いたもの)を反応させて作るため、4~5時間で完成する。
  • 石けんにグリセリンが含まれないので、使うとお肌にツッパリ感が残る。

 

シャボン玉石けんは、昔ながらの製法のケン化法でじっくり作られているので、洗濯物はふんわりと、お肌はしっとりと洗い上げてくれます。

 

石けんの原料

シャボン玉石けんの商品は、ベビー用にはアボカドオイル、泡ボディーソープにはグレープシードオイル、オーガニックシリーズにはオーガニックオリーブオイルなど、商品によって適切な油脂に使い分けられているそうです!

 

固形石鹸の原料である天然油脂の種類

  • 牛脂
  • パーム油(実)
  • パーム核油(種)
  • 米ぬか油
  • オリーブオイル
  • アボカドオイル
  • シアバター

 

液体石鹸の原料である天然油脂の種類

  • パーム油
  • パーム核油
  • ひまわり油
  • オリーブオイル
  • アボカドオイル
  • 椿オイル
  • グレープシードオイル

 

☆加藤さんに教わった豆知識☆

植物性というと肌に優しいイメージですが、実際は動物性の油のほうが刺激が少ないという研究結果があります。

 

シャボン玉石けんの特徴

  1. 昔ながらの無添加石けん(添加物0、体にも洗濯にも台所用や掃除用にも使えます)
  2. お肌に優しい(酸化防止剤・着色料・香料・合成界面活性剤不使用)
  3. 環境に優しい(石けんは生分解性に優れています)

 

石けんが変色することがありますが、酸化防止剤が入っていない証です。

 

逆に、いつまでも白いほうが不思議なのですよ~!

 

無添加に騙されないで!

無添加

近年、添加物が問題視されるようになり、ドラッグストアなどへ行くと、やたらと無添加・オーガニック・ボタニカル・植物性などの表示が増えてきました。

 

健康的で良いことのように思えますが、商品を手に取って成分表示を見てみると、よくわからないカタカナがびっしり‥。

 

本当に無添加なのか、疑問です。

 

加藤さんから教わったのですが、添加物を1つでも減らせば無添加表示が可能とのこと。

 

香料や着色料を1つ抜いただけで、その他の化学物質がたくさん入っていても、無添加になるということです。

 

無添加を謳っている無添加もどき商品がたくさんあるので、購入の際には必ず裏の表示をみましょう!!

 

抗菌石けんも危ない!?

清潔好きの日本人。

 

抗菌や除菌を謳った商品も近年目立ってきました。

 

米食品医学品局(FDA)は、抗菌商品は普通の石けんを上回る感染症予防の効果はないとの見解を出し、さらには細菌を抑える目的で使われているトリクロサンやトリクロカルバンなどの化学物質が耐性を持つ細菌を生み出す恐れがあると警告しているそうです。

 

米国カリフォルニア大学の研究者らは、これらの物質が性ホルモンに影響し、神経系を侵す可能性があるとも発表していますから、清潔の為とはいえ乳幼児に使うことは避けたほうがよいと思います。

 

個人的には、幼いころから多少は菌に触れた生活をしたほうが、自己免疫が育つので、将来的に病気にかかりにくくなると感じています。

 

オリジナル石けん作り

オリジナル

準備していただいた材料を使って、オリジナル石鹸を作ってきました( *´艸`)

 

なぜ、完成した写真がないかというと、持って帰る途中で、ハート形の石けんが割れてしまったからです( ゚Д゚)

 

乾燥するまではそっとしておきましょう♪

 

とても簡単なので、子どもさんと作ってもいいですね♪

 

〈材料〉

  • 粉せっけん・・・50g
  • 精製水・・・・・10ml
  • ビニール袋・・・1枚
  • ラップ・・・・・1枚
  • お好みの型(大きめのクッキー型や目玉焼きの型など)

 

〈手順〉

  1. 粉石けんと精製水をビニール袋に入れ5分ほどこねる
  2. しっとりしたら、ひとまとまりにする
  3. ラップを敷いた型にこねた石けんを入れる
  4. 型にはまるように指で強く押して形を整える
  5. 整ってきたら、ラップで軽く包み、型から外す
  6. 風通しの良い日陰(室内でもOK)で2~3日乾燥させる

 

まとめ

シャボン玉石けん 無添加

良い会社は良いものを作っている!!

 

添加物だらけの世の中で、ここまでこだわっていることが素晴らしいと感じました( *´艸`)

 

今回のポイントは…

  • シャボン玉石けんは、原料にも製法にもこだわった本物の無添加せっけんだ!!
  • 合成洗剤は、魚も3分で死んでしまうほどの破壊力があるので要注意!
  • 蛍光増白剤は白く見せるための塗料と心得ましょう
  • 無添加の言葉に惑わされず、表示をしっかり確認しよう
  • 抗菌の文字にも要注意!

 

消費者が良い商品を選ぶと、自分も環境も良くなります。

 

良いものを作る会社を、購入という形で応援することもできます(^^♪

 

人にも環境にも優しい商品づくりをする会社が、どんどん増えていくといいですね~♪

 

シャボン玉石けんの商品が気になった方はこちらから↓↓↓

 

〇アボカドオイルを原料にした安心のベビー泡ソープ


〇赤ちゃんの肌や口に直接触れる物でも安心して洗える洗剤

 

〇粉せっけんの水解けの悪さが心配な方でも手軽に使える液体洗濯石けん

 

〇洗濯石けんの汚れ落ちが心配な方におすすめの酸素系漂白

 

〇子どもに使わせても安心のシャボン玉液

 

スポンサーリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

【年齢】30代 【出身】岡山県 【家族】超現代っ子の夫、母さん命で未だにおっぱい大好きの娘(4歳)、 ヤダ期で甘えん坊の息子(2歳) 【職歴】保育士 【趣味】畑仕事、保存食作り、ディズニーリゾート旅行の妄想、 健康のための調べ物 【性格】気になり出したらまっしぐら。 A型と間違われるO型。 虫とホラーは苦手だが、家族の為ならゴキブリと戦える! 保育で得た知識はあるがわが子の子育てにはほぼ役立っていない。